特許申請の方法、福利厚生、倒産確率について。

チェックする

腕を組むサラリーマン

2014年6月に法改正が成立し2015年12月から義務化が施行されるストレスチェック義務化法。職場では従業員50名以上の全事業所で行われることになっています。すでにさまざまなネットで気軽に数十項目で試すことで自身の判定が可能となっています。日々の度重なる過労や大変神経を使う人間関係や板挟みとなる立場の仕事や職場、そして家庭内での問題や不安への数々を一人で抱えすぎています。心身ともに悲鳴をあげ突然倒れたり退職してしまうことへの危惧から生まれた法案です。労働安全衛生法の一部を改正する法案をストレスチェック義務化法案と呼ばれています。近年ブラック企業や業績への対策、モンスターと名がつく存在へのトラブルの対処といったためのうつ病や長期にわたるダウンが問題となっています。そのための従業員の情報として会社側の措置が必要性が要求されています。

ストレスチェックを試したことでの診断結果を会社側の把握レベルが重要になってきます。会社側は社員のメンタルケアが把握し管理できることでこのストレスチェック義務化法案のために大事な人材が突然故障したり失うといったり、そのために現れる不祥事や事故を事前に防ぐことになるというメリットができます。健康診断と同様に定期健診のように行う今から工夫をする必要がありますが、職場環境やノルマへのやる気が全体的にあげられることへの期待になります。場合によっては医師の診断が受けられます。事業者は診断結果次第と従業員の希望によっては医師への面接指導をする義務が出てきます。その後、労働内容や条件の変更を考えることになります。しかし、それによってトラブルがなくなれば会社としてよりよく前進していけるでしょう。